2. 抗菌

従来の空気清浄機との違い

img02従来の空気清浄機は、汚れを感知して吸入し、フィルターを通して再排気する方式のものがほとんどでした。この場合、粉塵などの粒子成分は除去されますが、ダイオキシンなどのガス状の物質は、フィルターを素通りしてしまうため、有害なまま室内に戻されることになってしまいます。

新発想の技術で開発された香りカートリッジ「シーロマ」を内蔵する、家庭用「シルヴェールTシリーズ」および業務用「DAA」は、水分子を放出して有害物質をキャッチ、分解・消臭する画期的な方式を採用しています。この方式ならガス状の有害物質までも分解・消臭することができ、それだけではなく、さらに水分子や香り分子の爽やかな香りがリラックスした快適な環境を作ります。

風邪や花粉対策にも有効

シルヴェールT-10、T-20、DAAで使用されている、香りのカートリッジ「シーロマ」。植物の有効成分による抗菌力試験で、24時間後には大腸菌、黄色ブドウ球菌、レジオネラ、クロカワカビ、アオカビなどの身体に有害な菌が検出されないという結果が出ています。さらに風邪ウィルスなどの発生を抑制することも実証されています。

※2005年日本食品分析センター調査

主な有害菌がたった24時間で消滅

穏やかな香りで有害な菌がたった24時間で消滅します。子供からお年寄りまで安心して暮らせる空間づくりに欠かせません。

細菌 24時間後の菌数
大腸菌 食中毒の原因となる 1.7×10の5乗
→検出せず
大腸菌
(O-157:H-7)
大腸菌の中でも特に毒性が強い 1.1×10の5乗
→検出せず
緑膿菌 抵抗力の弱っている人が感染すると様々な病気の原因となる 2.1×10の5乗
→検出せず
黄色ブドウ球菌 食中毒や化膿の原因となる 1.1×10の5乗
→検出せず
MRSA 抵抗力の弱っている人が感染すると様々な病気の原因となる 9.2×10の4乗
→検出せず
レジオネラ 食中毒の原因となる 1.2×10の6乗
→検出せず

 

カビ
※カビはアレルギー症の病気、気管支喘息、アトピーの原因となります。
クロコウジカビ 家の中で一番多く見られるカビ 2.1×10の5乗
→30
クロカワカビ 主に水回り、下駄箱、カーペット、ソファなどに発生する 2.1×10の5乗
→検出せず
アオカビ 米・野菜等の食料品に発生し腐敗を引き起こす 3.3×10の5乗
→検出せず

 

継続的な使用でカビなどのアレルゲン発生も抑制

img05